注文住宅を建てるのに必要な平均費用

費用はグレードと坪数によってだいぶ違う

注文住宅を建てたいと考えている人にとって予算の確保は重要なことで、どのくらいの費用が平均的にはかかっているのかが気になるでしょう。実は注文住宅を建てるのにかかっている費用にはかなり幅があり、1000万円以下で建てることができている場合もあれば、1億円以上もかけている場合もあるのです。このような幅があるのは注文住宅のグレードと坪数によって大きな差が生じるからです。

グレードの高さによって住宅設備や建材など様々な点に違いが生じます。また、基本的には坪単価が定められていて、坪数に比例して費用が高くなるのが一般的です。およそグレードの高さに応じて坪単価が決まっているので、この二つの掛け算によって費用が決まると考えると良いでしょう。

一般的な傾向を知っておこう

注文住宅にかかる費用にはかなり幅があるとはいえ、平均してみることはできます。平均的には2000万円台後半から3000万円台前半で注文住宅を建てているケースが多いのが現状です。ただ、実際に家を建てるときには土地も確保しなければなりません。土地も注文住宅の建築費用と同じくらいかかることが多いため、総じてみると5000万円くらいは必要になっているケースが目立ちます。

また、地域によって物価が違うことも念頭に置いておきましょう。都心近くで建てるのに比べると地方で建てた方が費用は安上がりで済むのが一般的です。建て方や地域の選び方、グレードや坪数といった色々な要素によって価格が決まるのでケースバイケースだと理解しておきましょう。