マイホーム完成までの平均日数

完成までに必要なプロセスとは?

注文住宅は一朝一夕に建つものではなく、完成までには様々な工程を経る必要があります。もっとも一般的な木造住宅の場合であっても、住宅メーカーの選定から始まり、建物の間取りや外観、導入する住宅設備などの詳細を固めて設計図を作成した上で、ようやく工事に着工することができます。建築工事を行うには自治体などの各種手続きが必要ですし、始まったら始まったで地鎮祭や上棟式などのイベントもこなさなければなりません。そのため、建物が実際に引き渡されるまでには少なくとも半年、長ければ1年以上かかるというケースも珍しくありません。そのため、あらかじめ引き渡しまでの期間を想定した上で、引っ越しや仮住まいのスケジュールを立てておくことが重要となるのです。

各工程に要する期間について

ではここからは注文住宅の完成までに要する各工程の期間について見ていくことにしましょう。まず、住宅メーカーの選定に必要な期間は人によって千差万別です。最初から候補が決まっていれば1週間もかかりませんが、どこにするか迷っているのであればモデルハウスを巡ったりしているうちにあっという間に数ヶ月が経過します。候補が絞れれば、担当者と打ち合わせを重ねて設計を固めていくことになるのですが、これにも2、3ヶ月を要します。その後、自治体の手続きに1ヶ月前後、実際に着工してから完成までに4ヶ月から1年弱かかるのが一般的です。ツーバイフォーであれば実際の建築期間は短いのですが、鉄筋コンクリート造りの場合は10ヶ月以上かかることもある点に留意が必要です。