品質を取るか費用対効果を優先させるべきか

品質の高い注文住宅とは

注文住宅には様々なメリットがありますが、品質を取るか、費用対策効果を優先させるかによって使われる建材などが異なってきます。
品質を優先させた場合には、より良い建材が使われることが多いです。住宅設備などもグレードの高いものを選ぶことができます。
また、依頼主が材料や設備、職人の技術などに対して注文しやすい注文住宅は、住宅を作る施工会社も気が抜けないため職人のレベルにも拘ります。施工中に依頼主が見に来ることも多いため、より品質の高い住宅を作ってもらえます。
ただし、品質にこだわり過ぎてしまうと予算よりも高くなってしまう傾向になります。そのため、品質の高い注文住宅を作る場合には、きちんと予算を決めてから作ることが大切です。

費用対策を優先した注文住宅

費用対策を優先した注文住宅の場合、小さな家で間取りなどがシンプルになるケースがよくあります。
家が小さければその分当然費用対策となります。大きな家にすると建築費用だけではなく、将来的にも改修などでコストがかかってしまいます。家族にとって必要な広さか、十分な間取りかを考えるだけでも費用対策になります。
また、できるだけシンプルな作りにすることも費用対策になります。品質を優先させると、自分の希望を取り入れた複雑な間取りになることも多いですが、そうなるとその分費用がかかります。出来るだけ正方形に近く、1階も2階も床面積が同じにした方が壁や建材の量が少なくコストを抑えられます。
工法も、多くの工務店で行う木造在来工法がオススメです。